暑い夏 過ごし方

暑い夏の過ごし方について

夏は、とにかく暑いです!!

夏は基本的に毎日暑いですが、皆さんはどのように暑さ対策を行っていますか? 昔に比べると、近年ではさまざまな暑さ対策グッズが出ているので、それらを活用しているという人もいるのではないでしょか。

また会社であれば、1日中冷房をつけっぱなしにしているという所が多いのではないでしょうか? 今では多くの人が知っているとは思いますが、冷房を長い時間使っていると、さまざまな体調不良の原因になってしまうので、色々なことを組み合わせ活用することで、それらの体調不良を回避することが出来るのです。

昔の暑さ対策であれば、打ち水をするという人が多くいたようですが、現在では打ち水をしているという人は、少ないと思います。 またうちわも昔はよく使われていましたが、現在は冷房に頼っている人の方が多い気がします。

ですが部屋が暑いと何もしたくなくなってしまうと思うので、冷房を使うなとは言いませんが、使うのであれば、扇風機と同時に使い、冷房温度を高く設定するなど工夫して使うようにするといいかと思います。 扇風機を使う時に普通に使っていては意味がありませんから、使い方も少し説明します。

扇風機は普段直接涼むために使っていると思いますが、冷房と同時に使う時には、扇風機の風量を最大にして、天井に近い位置に置き、首を上に向けて、回すようにします。 そうすることで、部屋の空気を循環させることが出来るのです。

そうすれば冷房の温度を少し高めに設定しても涼しくすることが出来るのです。 また適度に換気もしてあげるようにしてください。

そして寝る時も暑いとなかなか寝ることが出来ず、睡眠時間が短くなってしまったり、寝てはいるけど無意識に置き、熟睡することが出来ていないという人が多く、睡眠不足になってしまう人が多いです。

人は寝ている時に、疲労回復をしているので、しっかり寝ることが出来ないと疲労回復をすることが出来ずに、疲れが溜まったままになってしまい、その結果夏バテになってしまうなんてことが多くあるので、しっかりとした睡眠が出来るようにしなくてはいけません。

寝る時に暑さ対策として出来ることは、いくつかありますが、近年では冷感マットなどの商品がたくさんありますから、それらを活用しても効果があると思います。

また冷えピタなどにも、暑さ対策などと箱にも書いてありますから、貼って寝ても体温を上げることが出来ると思います。 アイスノンも普段は熱が出た時などに使いますが、夏は暑い夜に寝る時に使っても効果があると思います。 これらを上手く使うことが出来れば、寝苦しい夜を回避することが出来ると思いますので、試してみてはいかがでしょうか? 私も子供には、冷感マットを敷いてあげていますが、すごく喜んでいます。

寝る時に冷房をつけっぱなしにして寝ている人が非常に多いですが、それは体を冷やしてしまう原因になって、逆効果になってしまうので、避けた方が良いでしょう。

天気が良い日であれば、寝る前に窓を開けておくと寝る時には涼しくなっているので、少しでも効果があると思います。 また窓をあけたくないのであれば、冷房で事前にお部屋を冷やしておくと寝やすいと思います。 また寝る時に付けるのであれば、必ずタイマーを使うようにしましょう。

このような対策をすることで寝ることが出来れば、疲れもとることが出来ると思うので、試してみましょう。ですが、体を冷やしすぎないように気をつけてください。

また夏バテから熱中症になってしまう可能性もありますから、夏バテになった人は、悪化して熱中症にならないように気をつけてください。 熱中症は状態が酷くなってしまうと意識を無くして倒れてしまうという人もいますから、甘く見てはいけません。 暑いけど、夏が暑いのは当たり前だからと言って、我慢するのではなく、しっかりと暑さ対策をするようにしなくてはいけません。

そして夏は体を動かせば汗が出るのは勿論ではありますが、何もしなくても汗をかいてしまうので、しっかり水分と塩分補給を行いましょう。

子供は暑さ対策を上手くすることが出来ませんから、しっかり大人が対応してあげなくてはいけません。 仕事をしているママさんであれば、日中は保育園や幼稚園にいっているので、ママさんが何かをすることは出来ませんが、帰宅後や休日はママさんやパパさんが、自分だけではなく子供もしっかり暑さ対策や水分補給をさせてあげなくてはけません。

子供は元気いっぱいになって遊ぶと水分補給をすることを忘れて、ずっと遊んでしまうので脱水症状などになってしまう可能性が高いので、こまめに飲ませるようにしてください。

また近年の子供はお家でゲームで遊んでいるという子が多くなっているので、夏バテにならないためにも、体を動かすようにさせた方が良いでしょう。

大人もですが、子供も適度に体を動かすことで、夏バテを回避しましょう。 小さい子供であれば、走り回ったりするのが好きなので、一緒に遊んであげれば子供も喜びますし、自分も体を動かすことが出来るので、一石二鳥だと思いますので、一緒に遊んで見てください。 外で遊んであて暑さを感じていたら、デオドライトウォーターという物もあります。 これは液状になっている物をお肌に塗ってあげると、お肌がスーッとして涼しく感じることが出来るので、活用してみてはいかがでしょうか。 私はシーブリーズの物を毎年使っています。

暑さ対策をすることが出来る商品をいくつか紹介しましたが、どれも効果があると思いますので、色々試してみて、暑さに負けず、過ごしていきましょう。
夏バテにならないために、睡眠をしっかりとり、栄養バランスを考え、適度に体を動かしながら生活していきましょう。