夏バテ 熱中症 違い

夏バテと熱中症の違い

夏になると、夏バテや熱中症になってしまう人が多くいると思いますが、夏バテと熱中症の違いがわからいという人がいると思いますので、今回は、それぞれの違いについて書いていきたいと思います。
夏バテは、食欲がなくなったり、体調がわるくなったり、集中力がなくなったり、便秘や下痢をしたりなどさまざまな不調が現れる状態を言います。
冷房が効いた涼しいお部屋と暑い屋外を行き来することで、体温調節機能が破たんして、夏の暑さに対応しようと、必要以上にエネルギーを消費してしまうのです。
また寝る時にも、暑く、睡眠中に覚醒してしまうので、睡眠不足になってしまいます。
これらが重なることによって、さまざまな症状が出始め、夏バテになってしまうのです。

夏バテで1番よく出る症状は、疲れやすいことだと思います。 この疲れやすさというのは、栄養不足などが遠因だと考えられているので、冷たい食べ物や飲み物ばかり取っているのではなく、しっかりバランスを考えながら食事をしなくてはいけないのです。 胃もたれを感じる人も多いと思いますが、それは冷たい物ばかり食べているのが原因だと言えます。 内臓というのは、基本的に体温に近い温度でしか働けないため、冷えてしまうと上手く働くことが出来ないのです。 また頭痛も出てくるという人がいますが、そういった人は、水分不足や、しっかり睡眠を摂ることが出来ていないことが影響しているのです。 このような症状が出来ないためには、こまめに水分補給をすることと、質の良い睡眠を摂ることです。

一方熱中症というのは、夏の暑さで体温調節機能が破たんし、体内の水分や塩分が失われていき、そして体内の熱が放出されなくなってしまうのです。
このように体内の機能が正常に維持できなくなるような症状を熱中症と言うのです。 また熱中症の症状には、立ちくらみ、筋肉痛、倦怠感、虚脱感などがありますが、その症状は熱中症の程度によっても異なってくるので、人それぞれです。 熱中症が重症化してしまうと、高体温や痙攣、意識障害などの症状が現れてしまうことがありますから、気を付けなくてはいけません。

これでもわかるように、熱中症は夏バテとは違い、状態が悪化してしまうと、意識がなくなったり、倒れてしまうこともあるので、熱中症は、症状が酷くなると、死に至ることもあるので、注意しなくてはいけません。 自分で「夏バテ」なのか「熱中症」なのかを見分けるには・・・

夏バテは、温度変化などの原因で、自律神経が乱れてしまい、さまざまな症状を引き起こします。
一方熱中症は、夏の暑さが原因で、体内の水分とミネラルのバランスが崩れてしまうことで、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。
外にいる時間が長かったり、大量の汗をかいた時などに、さまざまな症状が出た場合は、熱中症と考えたほうが賢明だと思います。
症状が軽い場合であれば、水分と塩分を補給すればいいのですが、それでも症状が良くならない場合や悪化してしまった場合は、病院に受診しましょう。 夏バテになって解消したいと考える人は、冷房の温度を高めに設定して使うようにして、扇風機と一緒に使うようにするといいでしょう。

また睡眠不足を解消するためには、寝苦しさを改善しなくてはいけませんが、一晩中エアコンを使っていると、体を冷やしてしまい、夏バテを解消することが出来ませんから、タイマーを使い、途中で自動的に止まるように設定しておきましょう。 また寝る前にエアコンで部屋を冷やしておくと、寝入れやすくなるのではないでしょうか。 しっかり睡眠を摂ることが出来れば、疲れもとることが出来ますから、睡眠はとても大切です。

また栄養不足も夏バテの原因になりますから、暑いからといって食べたい物だけ食べるのではなく、暑いからこそしっかり栄養を考えながら食事をしなくてはいけないのです。 旬の物は、普段よりも栄養素が多くなっていますし、夏バテなどに効果がある食べ物が多いので、旬の物は積極的に食べるように心がけるといいでしょう。

夏は暑いのが当たり前ですから、自分でしっかり対策や予防をしなくてはいけません。 暑いから動きたくない、涼しい部屋で何もしたくないと思う人はたくさんいますし、そう思っても仕方がないと思いますが、だからといって何もしないでゴロゴロしたりしていると夏バテになりやすくなってしまうので、出来るだけ体を動かし、夏バテにならないようにしましょう。

そして体を動かすと汗をいっぱいかいてしまうので、しっかりと水分補給と塩分補給をするようにしましょう。 このようなことを心がけるだけでも、夏バテや熱中症を少しでも予防することが出来ると思いますので、出来ることは試してみるといいのではないでしょうか。

夏バテと熱中症の違いがおわかりいただけたと思いますので、それぞれ何が原因で、どのような症状が出るのかを少しでも理解しておくと、もしなってしまった時でも対処することが出来ると思います。